一般的な視力回復方法と言えばレーザー治療や眼球トレーニングですが、最近ではオルソケラトロジーという視力回復方法が話題になっています。オルソケラトロジーとは、睡眠中に特殊なハードコンタクトレンズを装着することにより角膜を矯正するという視力回復方法です。眼球を手術する治療方法ではないオルソケラトロジーは、安全で簡単な視力回復方法です。

オルソケラトロジーの特徴は、昼間はハードコンタクトレンズを外して生活出来ることです。夜間にオルソケラトロジーで視力回復した後、一定期間はハードコンタクトレンズを外した状態でも回復した視力を維持できるため、昼間は裸眼で生活することが出来ます。裸眼で活動できるため、激しい運動をしてハードコンタクトレンズが外れる心配がありません。

アメリカでは、オルソケラトロジーに対しての長い実績があるため、オルソケラトロジーは一般的な視力回復方法として多くの眼科で扱っていますが、日本ではオルソケラトロジーの実績はまだ浅く、オルソケラトロジーを扱っている眼科はあまり多くはありません。しかし、オルソケラトロジーの視力回復方法がマスコミで取り上げられることが増えたことによりオルソケラトロジーを扱う眼科は徐々に増加しています。

オルソケラトロジーは、保険の対象外なので全額自己負担となります。オルソケラトロジーの視力回復方法にかかる費用の相場は、両目で15万円〜30万円となります。

オルソケラトロジー視力回復方法は、眼科でのカウンセリングを通して選択されたハードコンタクトレンズのテストをし、定期検診を重ねて視力回復効果を確認しながら治療していくというのが一連の流れです。

オルソケラトロジーの視力回復方法は、カウンセリングから始まります。眼科にある特殊な精密機械で角膜の形状や眼病を患っていないかをチェックし、オルソケラトロジーの視力回復方法に適した人であるかを判断します。この検査で、オルソケラトロジーの視力回復方法に適さないと判断された場合は、オルソケラトロジーを諦めることになります。

眼科医が、特殊な精密機械の検査結果を参考に、患者に適したオルソケラトロジーのハードコンタクトレンズを選択し、実際に患者がそれを装着してテストします。眼科でテスト用のハードコンタクトレンズを貸し出すので、それを数時間から一晩中装着して視力回復効果があるかを確認します。視力回復効果があれば、そのハードコンタクトレンズと全く同じものをオーダーして、医師からオルソケラトロジーの視力回復方法に関する注意事項を受けてからオルソケラトロジーの視力回復方法を本格的にスタートさせます。

オルソケラトロジーの視力回復方法を開始した翌日は定期検診を受ける必要があります。オルソケラトロジーの視力回復効果が安定すると、定期検診のペースも一週間・一ヶ月・三ヶ月と自分の都合の良いように調整できるようになります。

利尻ヘアカラートリートメント情報はこちらについて必見のサイトを紹介します。とてもわかりやすく紹介されています。

この間テレビに話題になっていたのは、利尻昆布の白髪染めの情報

お探しはトクー情報が豊富です。

便利でよいコンテンツの揃ったサスティについておすすめです。

この商品の利尻昆布の白髪染めの情報が満載のサイト関連サイトです

ライスフォースの情報ですですね!

利尻ヘアカラーに強いサイトとなっています。要チェック!

ようこそイーモに関する情報です。是非行ってみて下さい。

  • Google・・・検索エンジン世界最大
  • Yahoo!JAPAN・・・日本最大ポータルサイト